容器の蓋が開いている

うつ病の症状

現代病として有名な病気のひとつ「うつ病」…自分には関係ないことだと思っていたら、じつはすでにかかっていた?なんてこともあるかもしれません。
それくらいうつ病というのは自分でも患っていると気づかないような病気なのです。そして誰しもいつかかってもおかしくない…なぜなら心の問題だからなのです。

焦りがある、消えてしまいたい…もう誰も知らない遠くへ行きたいという感情になったり、あれだけ好きだったスポーツを見てても興味や喜びを感じなくなった、実際にやろうとも思えず億劫でやる気が起こらない。こういった症状は心の症状だといわれています。ぽーっとしてるわけでもないのに会話も聞く気はあるのだけど頭に入ってこないなど、日常生活に気持ちがついて行かない感じがあります。
身体の症状としては、好きな献立であっても食欲がない、夜寝れない、疲れが取れなかったり常にだるいといった症状のほか、動機や息苦しさといった症状があります。また、うつ病が原因で頭痛や、腰痛になるなど身体の痛みを伴うこともあるといいます。

そんなうつ病を治すにはどうすればいいのでしょうか?主に病院ではあるのですが、お薬にも治療の期待をすることが出来ます。そのお薬とは「パキシル」…意欲を沸かせて不安感などマイナスな気分を和らげてくれるお薬なんです。
ジェネリック医薬品も出ているので、自分に合ったお薬を飲むようにしましょう。

原因について

形の違う薬

身体に大きな衝撃を受けるとあざになったり骨折という原因がありますが、うつ病はどういった原因でなってしまうのでしょうか?心の病気なので、それは心の問題というデリケートな話なのです。

| read more

服用方法について

グラスと未開封の薬

お薬には服用方法というのがあります。パキセルの服用方法をしっかりと理解して、正しく使うようにしましょう。症状によって服用方法が変わって来るのが特徴的なので、よく理解しておくようにしましょう。

| read more

副作用について

3錠を手にとってみた

パキシルによってうつ病の対策が出来ますが、お薬である以上は当然副作用というのもあります。また飲み合わせの問題もあるので、併用禁忌についても知っておくようにしましょう。

| read more