安価のお薬とは? | ジェネリックもあるパキシルを使ってうつ病対策!
色の違う錠剤

安価のお薬とは?

パキシルを買うにも病院へ行って、時間と費用が膨大に失われて行くというのは困ってしまうなーという人もいるかもしれません。そんな人は個人輸入でジェネリック医薬品を買うというのもいいかもしれませんね。
ところでジェネリック医薬品…いつからかよく聞く言葉になりましたが、どういったものなのかじつは良く知らないという人もいるかもしれません。

ジェネリック医薬品とは後発医薬品という意味があるのですが、新薬は先発医薬品といいます。先に作られるのが「新薬」で、あとから作られるのが「ジェネリック医薬品」ということです。そしてこの関係性こそがジェネリック医薬品が安いという理由にもなっているのです。新薬は新しくお薬を作ることになるので1からのスタートになりますよね、作り上げるまでには試行錯誤するので9年から17年という時間と500億という費用が必要になって来ます。しかしジェネリック医薬品はすでに作られた設計図をもとに後から作るので、1億と3年という浪費で出来るのです。その分安く売りだすことが出来るので、私たちは少ないお金でお薬を買えるのです。

さてこのジェネリック医薬品、じつは安くなっているというだけでなく、飲みやすさにも変化があるのです。たとえばもとのお薬が大きすぎて飲み込めないという人もいるかもしれません。しかしジェネリック医薬品では小さくすることも出来ますし、苦くて飲めないというのなら、甘い味に変えることだって出来るのです。有効成分自体変えなければ、ある程度は変えて良いというのがジェネリック医薬品の特徴でもあるのです。